30代中盤の肌トラブル(乾燥・後退など)

 

インタビュー・生え際等に悩む30代

 

全体的に肌が弱く、乾燥に悩まされています。

 

小学生の頃から手の状態には悩まされています。

 

皮が向けてきたり、特に冬の乾燥にやられます。

 

皮膚ががさがさになり、亀裂が入ってパックリ割れ、血が出ることもあります。

 

お仕事で紙を扱うときは、乾燥で手が切れるのを防ぐため、必ず軍手を使用します。

 

 

顔(乾燥しています)

 

いくらクリームを塗ってもすぐ乾いてしまいます。

 

あと、陽に弱く、スキーに2泊で行った時、1日目で顔が痛くなり、その後の温泉が大変でした。

 

日焼け止めを塗っても変わらず顔にずっとタオルを当てていました。

 

一時期美白をしていたこともあるのですが、それからますますひどくなったような気がします。

 

 

頭皮(乾燥で頭がかゆくなることがあります)

 

乾燥も酷いですが、抜け毛がひどいです。

 

昔からですが、それ以上に髪の毛が後退しているので今後が心配です。

 

 

 

各トラブルに対して行っている事

 

 

皮膚科に通ったこともありますが、皮膚科でもらうお薬はべとべとしていて塗った後に何もできなくなります。

 

寝る前に塗って手袋をはめていましたが、手袋はすぐ汚れ、毎日洗うのが面倒なので、皮膚の状態が少しでもよくなったら止めていました。

 

ハンドクリームは傷に染みるので手の状態のよいときに使用しています。

 

手が割れてくる一歩手前になったらハンドクリームからオロナインに変えます。

 

さらに悪化して切れそうな場合は赤い絆創膏を使います。

 

冬は全部の指がぐるぐる巻きになりますが、1日していたらかなりよくなります。

 

手がべとつかないのでお仕事もでき、重宝しています。

 

 

 

前は美白のもの(カネボーのブランシール(回収前))を使っていましたが保湿が追い付かず、オルビスの美白のないやさしいものに変えました。

 

オルビスの一番しっとりした商品を使っていますが、それでも間に合わないときはたまにオロナインを顔に塗っています。

 

顔にいいのかはわかりませんが、鼻がしっとりしました。

 

 

頭皮

 

シャンプーにコラージュを使っていましたが、頭皮には優しくても髪質はあまり良くならず、肌に優しいと美容室でお勧めされたドルチェに変えました。

 

始めはよかったのですが、髪質が重くなってきたので、また別のを探しているところです。

 

今は宮崎あおいさんがCMしているシャンプーに変更しようかと考えています。

 

 

30代男性の生え際関係の悩み

 

30代になってから気になったこと

 

冬になると肌が乾燥します。

 

特にお腹周りと膝下は極度のかゆみを伴うため、保湿クリームを塗布するようにしています。

 

また、頭部は脂分が多く、乾燥する冬には洗髪してもフケのように固まってしまいます。

 

そのせいか抜け毛も多いため、まずは抜け毛を防ぎたいと思っています。

 

いずれも冬季の事象であるため、他の季節には対策も緩めになってしまうことも多くなります。

 

乾燥肌は、約8年前から発症しており、首都圏への引っ越しによる環境の変化も大きな影響があったと考えています。

 

頭部、頭皮については、もともと家系もそのような体質にあることから、遺伝的要素も含まれていると考えていました。

 

しかし、頭部、頭皮は、おそらく生活環境と食生活によるものであろうとも考えているので、少しずつ改善策を講じているところです。

 

年のせいか、生え際も微妙になってきており、後退していくんじゃないかと感じています。

 

 

悩みに対して行っている事

 

乾燥肌には保湿クリームの塗布、洗髪には自然成分のシャンプーを利用しています。

 

他には、生活環境と食生活による影響も大きいということもわかって来たので、以下の点にも注意しています。

 

まずは食生活ですが、どうしても夜遅くに外食になりがちなため、極力、外食に頼らないようにしています。

 

どうしても外食に頼る場合は、野菜を多く取り入れたメニューを追加することと、脂肪摂取を抑える飲料水も飲むようにしています。

 

さらに、飲料水も基本的にミネラルウォーターを多く摂ることを心がけ、糖分過多になることを回避しています。

 

生活環境については、こまめに選択をすること、窓を開けて換気をよくすること、クーラーを設置せず、気温差の激しい状況を作らないことを実施しています。

 

関連ページ

髪の毛トラブル回避方法まとめ
髪の毛に害がでないようにするためのコツを掲載。普段の生活に関わる物でできるケア方法も沢山ありますのでちょっとやってみたいなと思っている方でも始められますよ♪